住宅コラム

  • 3・11で世界は変わった 2011年3月11日の「東北地方太平洋沖地震」は地震災害もさることながら、その津波被害の大きさから改めて自然の破壊力の大きさを知ることとなりました。 一方、この震災以上に日本という国に衝撃を与え […]

    →詳しく見る

  • 2020年までに1990年比で温室効果ガスを25%削減の国際公約と日本のエネルギー事情 2009年の国連気候変動サミットで鳩山元首相が、温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減するとした国際公約をしました。 […]

    →詳しく見る

  • 住宅を取り巻く環境の変化が今大きく動き出す これからの住宅をめぐる「時代の変化とスピード」は、我々建築業界にとっても大変驚きです。 日本という狭い国土ですが、四季があり、太平洋側と日本海側との気候風土の違いがあり、それぞ […]

    →詳しく見る

  • 低炭素社会に向けた「住まい」と「住まい方」の国の考え 社会全体が大きく変わろうとする時代を反映して、住宅業界においてもネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH),ライフサイクル・カーボン・マイナス(LCCM)住宅、HEMS( […]

    →詳しく見る

  • 住宅性能表示制度とは、これからの時代を 乗り切るための制度である事を理解しよう 今少しずつではありますが、国の住宅政策が明らかになってきました。 しかし、これから先 福島の原発事故のような国の形さえ変えるような事故が何処 […]

    →詳しく見る

  • 住宅性能の「見える化」は、 第三者が評価します 「住宅性能表示」制度では、住宅の性能を評価・表示する基準は大きく10項目に分類され、国土交通大臣の指定を受けた評価機関(指定住宅性能評価機関)が第三者機関として公平に客観的 […]

    →詳しく見る

  • 新築の住宅性能表示には 2種類の評価書があります 「住宅性能表示」では、指定住宅性能評価機関により新築住宅の性能が個別に審査され、2つの評価書の形で表示されます。 ●設計住宅性能評価書 設計図面を審査し、設計上の性能のお […]

    →詳しく見る

  • 「10項目」で住宅を評価する 「住宅性能表示」 住宅性能表示は、10項目から住宅を評価します。 評価・表示する項目は、構造に関することや劣化対策など、完成してから見えなくなってしまう性能が優先的に取り入れられています。 […]

    →詳しく見る

  • 「住宅性能表示」には、相反する関係があります。 例えば、地震に強い家を作ろうとすれば、家の強度を上げるために耐力壁などを増やす必要があります。そうすると、大きな空間や窓などの開口部分を減らさざるを得ません。地震に強い家と […]

    →詳しく見る

  • 建設住宅性能評価における現場検査は、第三者機関によって建築工事中に4回実施されます。 1回目 基礎配筋検査 基礎の鉄筋が基礎図面通りに施工されているかを調べる検査。 コンクリートを打ってしまうと、基礎配筋の様子は確認する […]

    →詳しく見る

  • 第三者の検査だけでなく、 社内でも厳重な検査を全工程で行っています 「建設住宅性能評価」の検査は、4回ですが当然その検査で全てが見れるわけではありません。 工事の進捗の中で、隠れてしまう箇所もでてきます。 その為、第三者 […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅で建てる家が、これからのスタンダードモデル 住宅性能表示はお客様が住宅の性能を選ぶことができる制度ですが、 国が住宅性能表示から4項目(①構造の安定 ②劣化の軽減 ③維持管理 ④温熱環境)を選び、 「これらの […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅 構造の安定について 国道交通省は、長期優良住宅の認定基準(概要)で、耐震性について次のように定めています。 耐震性 ・極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減 […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅 劣化の軽減について 国道交通省は、長期優良住宅の認定基準(概要)で、劣化対策を次のように定めています。 劣化対策 ・数世代にわたり住宅の構造体が使用できること・通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用 […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅 維持管理について 国道交通省は、長期優良住宅の認定基準(概要)で、維持管理・更新の容易性について次のように定めています。 維持管理・更新の容易性 ①構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理 […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅 温熱環境について 国道交通省は、長期優良住宅の認定基準(概要)で、省エネルギー性について次のように定めています。 省エネルギー性 ①必要な断熱性能等の省エネルギー性が確保されていること ②省エネ法に規定する […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅 履歴管理について 住宅の長寿命化には、適切な点検、補修等の維持管理やリフォーム工事を継続的に行うことが必要です。その為には、住宅に関する履歴情報が蓄積され、活用されることが不可欠です。 必要な情報を適切に保 […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅は、建物としてのメリット当然ながら、たくさんの減税措置のメリットがあります。 1.長期固定ローン「フラット35Sエコ」金利Aプランが適用、当初5年間は0.7%の金利引き下げ以降15年間は0.3%の金利引き下げ […]

    →詳しく見る

  • ハウス・ラボは、住宅性能表示の審査を「ハウスプラス」に依頼しています。 長期優良住宅の認定を受けるには、長期優良住宅のレベルに合致する技術的審査を、住宅性能表示とは別に受ける必要があります。ハウス・ラボでは、長期優良住宅 […]

    →詳しく見る

  • ハウス・ラボの検査体制は下記の通りとなります。 一般他社とハウス・ラボの法律上検査は当然差異はありません。瑕疵保障保険検査、確認申請、完了検査は全国どこでも同じです。一方、任意の部分の書類審査や現場審査が大きく違います。 […]

    →詳しく見る

  • 「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に関する法律」(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月に全面施工され、新築住宅を供給する事業者に対して瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けらることになりました。 ※瑕疵 […]

    →詳しく見る

  • 住宅引渡し後に住宅が傾く、壁がはがれる、ドアが開かないといったトラブルが発生したと聞くことがあります。 このような事態の多くが、地盤に起因している場合が多いと言われています。 ハウス・ラボでは、全ての住宅の建築開始にあた […]

    →詳しく見る

  • 長期優良住宅の本当の良さを実感するには、実物を見るのが一番わかりやすいと思います。「百聞は一見にしかず」です。 ハウス・ラボの住宅の構造材のプレッカトをしている「ラミネート・ラボ(株)」に行けば、実物大で「長期優良住宅」 […]

    →詳しく見る

  • 住宅コラム002、003にも記載しましたが、これからの住宅はエネルギー問題に対し正面から取り組まなければなりません。これは、ほとんど国家プロジェクトです。 そうした中で、スマートハウス 及び スマートグリッドという考え方 […]

    →詳しく見る

  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、スマートハウスに至る現実な家づくりのモデルです。 住宅の躯体・設備の省エネ性能の向上、再生エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ね […]

    →詳しく見る

  • ハウス・ラボでは、「見える化機器」・「省エネ機器」・「創エネ機器」それぞれの分野に、現在の日本に存在する技術や商品をベースにZEH商品の選定をしました。 今後ハウス・ラボの住宅を「スマート長期優良住宅」として、長期優良住 […]

    →詳しく見る

  • ZEHを達成するためには、先ずは住宅の断熱性能の基準が必要です。 現在国が認めた断熱性能で、一番高いレベルが「次世代省エネ基準」です。 次世代省エネ基準は、日本の住宅の省エネルギー性を高めるために、断熱や気密、冷暖房に関 […]

    →詳しく見る

  • 今の世の中の動きとは別に現実の住宅の問題として今住んでいる住宅に対する不満アンケートを取って見ると、建物の断熱性能の低さが主な原因と考えられる不満が多くみられます。冷暖房費がかかりすぎるという省エネルギー性の問題と、夏は […]

    →詳しく見る

  • 1979年に工場や建築物、機械・器具についての省エネ化進め、効率的に使用することを目的とした省エネ法が制定され、工場・事業所のエネルギー管理の仕組みや、自動車の燃費基準や電気機器などの省エネ基準におけるトップラン―制度、 […]

    →詳しく見る

  • HEMSは「home energy management system」の頭文字を取ったもので、日本語で「ホーム・エネルギー・マネジメント(管理)・システム」と呼ばれ、センサーや  ITの技術を活用して住宅の「エネルギー […]

    →詳しく見る